カマグラとステンドラの比較

カマグラとステンドラ、日本では処方されないED治療薬なので、どちらも聞いたことがない方もいるのではないでしょうか?

先に説明するとカマグラはバイアグラのジェネリック医薬品なのに対して、ステンドラはバイアグラやレビトラといった先発薬の扱いになります。
特にどちらも日本国内の処方はないため、購入するためには通販サイトを利用します。

この際にどちらがいいのかな?と思う方のために2つの商品を比べてみました。

① 価格

冒頭で書かせて頂いたように、カマグラはバイアグラをベースにしたジェネリック医薬品です。
なので、膨大な時間と費用をかけて製造された先発薬と比べて、安値で販売されており、1錠当たり400円ほどが相場とされています。

一方ステンドラは先発薬です。
多額のお金をつぎ込んで研究開発された医薬品のため、この費用を回収するために高額になっており1錠あたり1,500円ほどが相場となっています。

どちらも日本国内での処方は行われておらず、購入するためには個人輸入代行サイトを使います。

つまり診察代などをかけることなく、シンプルに薬代だけなのでこの点で言えばとても比べやすいでしょう。

先発薬かジェネリックかで大きく価格が異なります。

② 成分

同じED治療薬でも成分に違いがあります。
カマグラはシルデナフィル、ステンドラはアバナフィルと言う成分を配合しています。

同じED治療薬として、作用機序は同じく、勃起を促すと言った意味では同じですが、成分が溶けやすく馴染みやすかったり、持続する時間、効果が出始める時間にも違いがあります。

この点の詳細は以下の効果の枠でお話ししましょう。

③ 効果

カマグラは飲み始めて1時間程度必要になります。
これは成分が身体に馴染みだすまでの時間であり、比較的じっくりと効いて効果を発揮します。

かたやステンドラは即効性にずば抜けていて、人によって個人差はあるものの早い男性であれば服用から最短15分程度で効果を発揮します。

効果としては勃起力で言えば総合点はカマグラに軍配が上がります。
バイアグラを服用したことのある方であれば分かるのではないでしょうか?

シルデナフィルは色々なED治療薬の中でも勃起力はNO1の呼び声も高く、その力強さからカマグラしか服用しないファンもいるほどです。
ステンドラは効き始めが早いですが、勃起力はマイルドな効き目となっているため、人によっては満足できない可能性があるかも知れません。

続いて食事の影響です。

カマグラは食事の影響が受けやすく満腹で服用してしまうと効果を得ることが難しくなります。
これは成分が胃で溶けて腸で吸収され、血液循環を良くするものですが食べ物が体内にあると食べ物によって成分が吸収できずに、そのまま流れてしまうからです。 色々なサイトでも目にする脂っこい食事というのは、油が特に流れやすさを助長させてしまう理由にあります。

その点ステンドラは比較的食事の影響を受けにくく、軽食程度であれば食べた後でもしっかり効果を得ることができるED治療薬です。

まとめとして、カマグラはジェネリック医薬品なので価格が控えめに設定されており安く購入することができます。
またED治療薬本来の目的である勃起させると言った意味では、他のED治療薬と比べ物にならないほどの力強さが魅力です。

ステンドラはまだ登場して日が浅く、先発薬ながら知名度が低い、高額なのが印象です。
第4のED治療薬としてメディアなどが取り上げているので、新しい効果を求めたい、違うED治療薬では効果が弱かった方におススメと言ったED治療薬でしょう。

色んなタイプのバイアグラ詳細こちら

TOP