カマグラとレビトラの比較

バイアグラジェネリックとして世界的に有名、かつ数多くあるバイアグラジェネリックの中でも名高い地位に君臨するカマグラシリーズ。
同じED治療薬としても有名なレビトラと比較したときに実際なにが違うのか?そんなマメ知識をまとめてみました。

レビトラとカマグラってどう違うんだろう?
実際どっちを選べばいいんだろう。
どこで買えばいいんだろう

そんなことが分かる記事になっております。

① 価格

まずカマグラとレビトラの大きな違いは先発薬かジェネリック医薬品かの違いになります。
カマグラシリーズはあくまでもバイアグラと同じ成分を使った、後発医薬品となっています。

かたや比較対象としているレビトラは2004年に日本で登場した世界でも2番目のED治療薬です。
つまりバイアグラを元にして作られたのがカマグラで、レビトラは全く新しいED治療薬として世に出回った経緯があります。

カマグラは先にバイアグラと言うメジャーなED治療薬が販売されており、それをベースに作られたものなので、研究費用や臨床試験などを行うことなく販売することができます。
これはバイアグラが効果を立証しているので、当然と言えば当然ですね。

つまりその分だけ購入するときに価格を抑えて販売することが可能となっています。

カマグラは平均1錠400円程度で購入することができますが、レビトラは今お話ししたように多額の研究費用をかけて製造販売している先発薬なので、1錠1,500円~2,000円程度、1箱購入すると考えると6,000円以上もする高額な医薬品です。

先発薬かジェネリック医薬品なのか、それによってこれだけ価格に違いが出ます。

② 効果

カマグラとレビトラでは同じED治療薬であっても、有効成分が違います。
カマグラは有効成分にシルデナフィル、レビトラはバルデナフィルといった成分を配合しています。

効果はともに血管を拡張し、陰茎内部にある海綿体に血液を運ぶことで膨張し、勃起する。
そしてEDの原因となる酵素、PED-5を阻害して、勃起を持続させるといったことでは変わりません。

しかし薬の成分によって、溶けやすく体に馴染みやすいなどの特徴があり、この2種類では大きく異なります。

まずカマグラですが、カマグラは色々なED治療薬の中でも、一番勃起力が強く、固さも十分に得られる薬です。
その分だけ食事を摂った後には効果が出にくかったり、副作用の発生頻度が多く出る可能性の高い商品ですが、そもそもEDの男性が飲む薬なので、勃起力が強くならないと本末転倒ですよね。

なので、バイアグラ含めこのシルデナフィルを配合したED治療薬は非常に人気で、カマグラしか服用しないと一筋の男性もいるほどです。

一方レビトラは先に販売したバイアグラをもとに欠点を補うと言った形で登場しました。
バイアグラの欠点であった食事の影響ですが、満腹では効果を得ることができないものの、軽食程度であれば十分な効果を発揮します。

また副作用の発生頻度もバイアグラより少なく、ED治療薬初心者でも安心して服用することができる、そんな薬です。
レビトラ最大の特徴はバイアグラは服用して1時間程度経過してから効果を発揮しますが、レビトラは最短で30分程度で効果を表します。

今すぐ勃起が必要!時間がない!そんなときにレビトラは服用者の気持ちをしっかりとくみ取って、効果を出してくれるED治療薬です。

しかし肝心の勃起力や固さなどは、カマグラと比べたときに柔らかい印象を受ける方が多い薬です。

③ 日本で処方されるか、されないか

世界中でバイアグラジェネリックと言えば?と聞けば、多くの男性は「カマグラ」と答える人気の商品ですが、日本国内で処方されることはありません。

日本はジェネリック医薬品に関して非常にシビアで、厚生労働省が様々な試験を行い、規格をクリアした薬だけが医療機関で扱われます。
これは海外でどれだけ実績があり、医療現場で使われていたとしても日本にとっては関係ないのです。

またこの医薬品事情に関しては我が国日本はトップレベルで厳しいとも言われています。

そのためカマグラシリーズは日本では処方されることがなく、入手するためには通販サイトを使って購入するほかありません。

一方でレビトラは先発薬、そして販売の年月が長いこともあり日本は取り扱いを開始しています。
つまり医療機関に出向いて、レビトラを希望すれば購入することが可能です。

医療機関に出向いてED治療薬を購入するためには、次のような流れが必要です。

医療機関に行く→診察を受ける→処方箋をもらう→ED治療薬の購入

日本ではED問題は自由診療として扱われてしまうため、定められた医療費が明確ではなく保険も当然ながら使うことができません。

よって診察だけで10,000円を超えることが当たり前です。
また、通院するためにも仕事を早退、もしくは休んで場所によっては交通費をかけて出向かなければいけません。

レビトラは冒頭でもお話ししたように、高額な薬代を請求されて全て合わせると20,000円を少し下回る程度が相場です。

しかし通販サイトを利用すればこのような高額になることがありません。
それは診察や処方箋なども必要なく購入することができるから。

こういった意味では、日本で処方されているか、いないかで大きく金額も変わってきます。

レビトラとカマグラ、効果も違えば金額も違い、購入する場所も違うことを説明させていただきました。

金銭問題や、生活環境によって個人差があるため、どちらが良いかは自分次第になりますが、安く済ませてしっかりした勃起を得たいのであればカマグラ、医療機関などに出向きながら金銭問題も気にしないよ~と言う方であればレビトラを選択すべきでしょう。

TOP